プロミス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
promise-top

プロミスという消費者金融会社の持ち味を、最大限に活かすならネットキャッシング!

ここでは、プロミスを最も便利に使う方法の数々をご紹介します。もちろん、後半で基本情報も解説しますので、この記事を読むだけであなたもプロミスマスターになれるかも?!

それでは、まずは活用方法から見ていきましょう。

プロミスのネットキャッシング活用方法

活用方法を紐解くキーワードは3つあります。

  • 瞬フリ
  • ネットバンク
  • 三井住友VISAプリペイド

単語だけ言われても分かりにくいと思いますので、1つずつ解説していきます。

瞬フリなら土日でも深夜でも即時振り込み

瞬フリとは「瞬間振り込み」の略。その名の通り申し込んだ瞬間に、お金を振り込んでくれるサービスです。

キャッシングというと店頭でお金を受け取ったり、ATMから引き出したりするイメージが強いですよね。でも、実は口座に振り込んでくれるサービスを、標準装備させている消費者金融は多いのです。

その中でもプロミスは、休日や深夜などでもすぐに振り込んでくれる、1つ上のサービスを提供しています。

「あ~!明日の予定、うっかり忘れてた!」と気づいた時にはもう土曜日。「今からじゃATMにも行けないし、明日は朝早くに集合だし、どうしよう?」

そんな時に活躍するのが瞬フリです。

プロミスの瞬フリなら、土日だろうと、深夜だろうとすぐに振り込んでくれます。しかも手数料もプロミスが負担してくれるので、銀行から貯金を下ろすよりお得に利用出来るケースもあるのです。

しかし、瞬フリをするには1つ条件があります。それはジャパンネット銀行か、三井住友銀行の口座を持っていることです。

ネットキャッシングするならネット銀行とのコンビが最強

先述の例の「日曜日の早朝までにお金が必要」というシチュエーションで考えてみましょう。

銀行にもよりますが、日曜日で、さらに早朝となると、216円ほどATM手数料を取られてしまう銀行もありますよね。例えば、筆者が利用しているみずほ銀行の場合、日曜日の朝8時までは216円取られてしまいます。

しかし瞬フリでのキャッシング+ジャパンネット銀行の組み合わせなら、提携ATM手数料無料で利用することが出来ます。

瞬フリ+ジャパンネット銀行の組み合わせで、例えば5万円借りたとします。そして月曜日に、メインで利用している銀行から預金を引き出して、そのままプロミスに一括で返済するとどうなるでしょうか。

なんと1日分の利息、たったの約24円でキャッシング出来るのです!

ATM手数料は、キャッシング1日分の4倍~8.5倍と考えてみるとどうでしょうか?

たかが数十円~百円くらいの違いではありますが、1年間トータルで考えると1,000円単位の違いに繋がります。

三井住友VISAプリペイドでとことんWEB特化!

「今からジャパンネット銀行の口座開設を待っている時間はない」

「突発的にお金が必要な時、現金ではなく、ネット上のクレジットカード決済なんだけど」

こんな状況におかれている人もいるかもしれません。そこでチェックしたいのは「三井住友VISAプリペイド」です。クレジットカードのVISAが使える店舗・サービスならどこでも利用可能で、予め入金されている分しか使えないので、使いすぎ防止や家計管理がしやすくなるということで、最近注目を集めています。

最近流行りのVISAデビットカードとの違いは、銀行口座にお金を預けるわけではないという点です。だから三井住友銀行の口座を持っていない人でも使えます。

カードそのものにチャージをする方式で、感覚的にはSuicaなどに近いですね。

しかし、「三井住友VISAプリペイド」がプロミスと何の関係があるのかと思う方もいらっしゃるかもしれません。

なんと「三井住友VISAプリペイド」とプロミスがサービス提携を始めたのです。

プロミスと契約完了後、会員ページから振り込みキャッシングを依頼すれば、すぐさま「三井住友VISAプリペイド」にチャージされるのです。

「三井住友VISAプリペイド」の発行にも数日かかってしまいますが、新たに銀行口座を作るよりは確実に手間も時間もかかりません。

クレジットカードの代替品としても、このコンビの活用も検討してみてください。

プロミスの基本情報

それでは、次にプロミスの基本情報を紹介していきます。

申し込みから契約までのフロー

  1. WEBから申し込み
  2. 審査
  3. プロミスから電話連絡
  4. 契約手続き
  5. 借り入れ

プロミスでは、ネットキャッシングだと即日融資だけでなく、WEB完結申し込みも可能となるので、ネットキャッシングを推奨しています。しかし、方法としては、自動契約機、電話申し込み、郵送申し込み等の方法もあります。

即日融資可能な申し込み方法1:ネットキャッシング

先述の通り、ネットキャッシングなら即日融資+WEB完結申し込みが可能です。ただし、1点だけ注意したいポイントがあります。

WEB完結と言っても1回は電話で話す必要があるのです。

後ほど、別途解説しますが、在籍確認の電話は、必ずしも毎回掛かってくるとは限りません。しかし、申し込み完了後~審査完了までの間に、一度は必ず電話が掛かってきます。この時に話す内容は、申し込み内容や審査結果に関するものです。つまり、契約手続きに関わる内容なので、必ず本人が確認して、本人が了承しないと手続きは進められません。

電話を掛けてきてもらう時間帯や、連絡先は指定することが可能なので、出来るだけ周りに人がいない環境を作れるタイミングを指定しましょう。

即日融資可能な申し込み方法2:自動契約機/ローン契約機

店舗に出入りするタイミングで、誰かに見られてしまうかもしれない。そんなリスクさえ気にならないのであれば、ある意味最も気楽で家族バレ対策しやすい申し込み方法です。

しかし、これも一点だけ注意したいポイントがあります。

無人契約機での手続きの場合は、「カードレス」申し込みは出来ないのです。

キャッシングやカードローンを利用していく上で、家族バレの原因となりやすいのが、物的証拠であるカードの存在です。

プロミスでは、WEB完結申し込みの場合のみ、カードローン用カードを発行しないで利用することが可能とされています。

WEB完結以外の申し込み方法では、必ずカードが発行されてしまう点はご注意ください。

在籍確認について

先ほど簡単に触れましたが、在籍確認の電話が掛かってくることもあります。

WEB完結申し込みにしていても掛かってくることがあります。というか、WEB完結ほど掛かってくる可能性が高いです。

しかし、申し込みをした日が、勤め先の休業日であったり、収入証明書の記載内容が豊富(出勤日数と、支給額だけの給与明細ではない場合)には、在籍確認の電話がかかってこないこともあります。

在籍確認の電話が職場に掛かってくると困るという人は、職場が休業日で、なおかつ即日融資希望であることを電話で自分から伝えてみると回避出来るかもしれません。

借り入れ方法(お金を受け取る方法)

店頭受取、プロミスATMや提携ATMから引き出す、口座に振り込んでもらう、「三井住友VISAプリペイド」にチャージしてもらうといった方法があります。

即日融資なら、口座に振り込んでもらう方法か、「三井住友VISAプリペイド」にチャージしてもらうかのどちらかです。

ただ、「三井住友VISAプリペイド」は上限が5万円までしかチャージ出来ないので、融資希望額が5万円以上の場合は口座振り込み一択となります。

金利

4.5%~17.8%です。

5万円を借りて、翌日に返済した場合の利息は、約24円でした。1ヶ月なら約731円ですね。

プロミスの利息計算は、1ヶ月単位ではなく日割り計算されます。

プロミスの無利息期間は条件付き

プロミスにも他社同様の30日間無利息サービスがあります。しかし、他社と違うのは、2つの条件を満たさないと適用されないことです。

「契約時にメールアドレスを登録する」と「明細書の受取を郵送ではなくWEB明細に設定する」という2つの条件を満たす必要があります。

審査

プロミスの審査は、どの申し込み方法でも審査基準自体は変化しませんが、審査にかかる時間には差異が発生します。

結論から言うと、WEB申し込みが最も早く、次が自動契約機、3番手が電話申し込み、最も時間がかかるのは郵送での申し込みです。

プロミスの審査は緩い?

筆者の友人に、ブラックリスト入りしてそうなフリーターがいます。過去に他社の消費者金融を利用して、返済を何度か滞納したことがあるのにも関わらず、プロミスの審査に通ったと言っていました。

融資された額は20万円と、決して高くはありませんが、それでも審査に通してもらえたこと自体が奇跡みたいな信用情報の持ち主です。

筆者個人の体験による見解にはなりますが、プロミスの審査基準はかなり甘めだと考えます。

限度額

プロミスの限度額は500万円までです。しかし、初回申し込みで最高限度額まで設定されることは、相当なレアケースです。

正社員、勤続3年以上で、年収300万円以上であれば、初回申し込みで100万円以上の融資が受けられたという声が多数寄せられています。

増額審査について

初回申し込みでは、希望通りの金額が借りられなかったとしても、返済実績を積んでいけば増額してもらうことも出来ます。

銀行カードローンでは、増額審査はなかなかの険しい壁だと言われていますが、消費者金融の場合は、利用状況さえ悪くなければ容易に増額して貰えるようです。

先ほど登場した筆者の友人は、完済した1年後ほどした頃、「限度額アップも可能だが、融資の予定はないか?」といった営業電話を受けたそうです。

ちなみに友人は、プロミスでも1~2度滞納したらしいので、何ヶ月も返さないような真似さえしてなければ、むしろ消費者金融側から増額を申し出てくれることもあるみたいです。

(筆者の友人の体験談なので、全員に当てはまるわけではないことをご了承ください)

収入証明書

限度額が50万円以上の設定、もしくは他社借り入れとの合計が100万円以上の場合に必要です。

本契約を交わす前に、「収入証明書を提出してほしい」と言われたら、限度額が50万円以上である可能性があります。

返済

プロミスの返済方法は、口座振り込みが一番楽です。
三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行のいずれかのオンラインバンクを利用していれば、振り込み手数料無料で返済が可能です。

最低返済金額

借入額に応じて自動変更されます。5万円借りていれば月々2,000円からの返済ですが、さらに追加で10万円借りた場合は、6,000円に自動的に変更となります。そして返済を続けていって、借り入れ残高が9万円まで減った時には、今度は4,000円に変更と、ちょっとややこしいですね。

WEBからいつでも確認出来ますので、小まめに確認することをオススメします。

返済回数

プロミスでは借入額に応じて最高返済回数が決まっています。

借入残高 最高返済回数
30万円未満 36回まで
30万円以上100万円以下 60回まで
100万円以上 80回まで

もちろん、この回数以内なら何回で返済しても構いません。

ちなみに、10万円借金して、36回で返済した場合、月々の返済は3,605円で、最終支払額は129,765円です。

約3万円ほど多く返さないといけなくなってしまいますね。

無理のない範囲で、早めの完済を目指しましょう。

郵送物

WEB完結サービスで、尚且つカード発行なしを選択すると、郵送物は一切なくなります。

明細書の確認もWEB上での受取に変更出来ますので、利用を重ねて行った後も、ある日突然手紙が届くということもありません。

専業主婦は利用不可

プロミスは消費者金融なので、キャッシングは利用出来ません。しかし、後述のおまとめローンであれば利用は可能です。

おまとめローンは

プロミスには、貸金業法に基づくおまとめローンがあります。複数の消費者金融から借り入れしているけど、銀行カードローンの審査には通らなかったという人は、是非検討してみてください。

プロミスのスマホのアプリがバージョンアップ!

プロミスのアプリと聞くと、既に利用している人が使うものというイメージがあるかもしれません。

しかし、実はこれからプロミスに申し込むという人ほど利用すべきなのです。

最も活用出来るポイントとしては、やはり書類提出機能がついているということですね。これはWEB完結をする上で欠かせない要素です。

もちろん、既に利用している人も、ネットキャッシングする時にスムーズな手続きが出来るなどのメリットもあります。

プロミスアプリでクーポンが貰える

消費者金融の公式アプリには珍しいのですが、プロミスのアプリを利用していると、レストラン等のクーポンが貰えます。

同じ金額を借りて、同じ利息を払っていても、アプリを使うだけでサービスが受けられるのであれば利用しない手はないですね。

プロミスの運営は三井住友銀行グループのSMBCコンシューマーファイナンス

消費者金融というと、どうしても「怪しい」「怖い」というイメージが拭いきれない人も少なくないと思います。

でも、プロミスは、三井住友銀行グループのSMBCコンシューマーファイナンスが扱っているサービスなので、安心です。

銀行グループの消費者金融は、「経営がしっかりしてる」とか、そんな間接的なメリットだけでなく、「手数料無料で使えるATMが多い」といった直接的なメリットもあります。

特に返済しようと思った時に、街のあちこちに手数料0円で使えるATMがあると、すぐに返済出来るので、支払い忘れによる「うっかり滞納」を防ぎやすいのです。

手数料無料で使えるATM

三井住友銀行のATMはいつでも手数料無料で使えます。

しかし、それ以外の銀行やコンビニATMでは、返済時でも手数料を取られてしまいます。

そんな時に覚えておきたいのは、ローソンとファミリーマートなら、ロッピーかファミポートで手数料かからず返済出来ることです。

チケットなどを発券する時と同じ手順で、レジでお支払いする方法なら手数料かからないんです。

ロッピーの画面

ロッピーの発券イメージ

(画像引用元:ローソン公式ページ)

ATMに比べると、レジに並ぶ時間が多少かかってしまう可能性が高いですが、それでも216円も取られるよりマシです!

お客様サービスプラザで借金の相談も可能

ネットキャッシングした後で、例えば返済が遅れそうだとか、月々の返済がキツいといった場合、プロミスのお客様サービスプラザで相談が出来ます。

このサービスは、これからプロミスで借りる予定の人でも利用可能です。

WEB上から来店予約が出来ますので、早めの相談をしましょう。

ちなみに、お客様サービスプラザは全国で18店鋪しかまだないので、近くにあるかどうか公式サイトから確認をしてみてください。

まとめ:プロミスで借りるならネットキャッシングとアプリを駆使せよ!

様々な点からプロミスをオススメしてきましたが、一言でまとめるのであれば下記のようになります。

プロミスの利便性は、ネットキャッシングとアプリを駆使すれば最大限に発揮される!

同じサービスを利用していても、使い方次第で、損得が発生しかねないということを、もうお分かりいただけたと思います。

是非、お得にプロミスを利用しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。