ネットキャッシングと自動融資

通帳とお金

ネットキャッシングの便利な機能として「自動融資」があります。

(キャッシング会社や銀行によって名称は異なりますが、中身はおおよそ同じものです)。

とっても便利なものですが、使い方によっては諸刃の剣となってしまう恐れもあります。

上手に活用する方法を一緒に見ていきましょう

ネットキャッシングの自動融資とは?

まずはそもそも自動融資とはどんなサービスか説明いたします。

読んで字のごとく、自動的にお金を貸してくれるサービスです。

もちろん、延々と貸し付けられるわけではなく、ある条件が満たされた時にのみ発動します。

自動融資が発動する条件

自動融資が行われるのは、口座引き落としの請求が来た時に、口座の中の残高が不足している時のみです。

よって、オンラインバンキングで振込をしようとして、残高が足りなくても自動融資は行われません。

あくまで、引き落とし請求の際に残高不足だった場合のみです。

支払い出来ずに、クレジットカードや電気ガス水道などのライフラインが止まることもないので、とっても便利な機能に見えますが、知らない間に借金が増えているという危険性もあります。

次の項目から利便性と危険性をそれぞれ見ていきます。

自動融資の利便性

さきほども書いた通り、クレジットカードや光熱費など生活に重要な支払いを滞らせることがない。

これが自動融資の一番の利便性といえます。

特にクレジットカードや携帯電話の料金、家賃などは、信用情報に記録が残る可能性もありますので、その支払い記録をクリーンに保てるのは大きなメリットです。

色んな銀行の口座を持っている人にオススメ

ネットキャッシングするためにネット銀行の口座を開設したなど、口座を複数持っている人にはオススメです。

例えば3つの銀行の口座を持っている人が、引き落とし用口座を統一させていなかった場合。

メインで使っている、給与振込口座の残高にばかり気を取られて、他の口座の残高不足に気づかないこともあります。

そんなウッカリによる支払い不足を避けるために、自動融資機能はとても便利です。

自動融資の危険性

しかし、最初に諸刃の剣であると書いた通り、デメリットももちろんあります。

ネットキャッシングの返済の引き落としは例外

例えばジャパンネット銀行のネットキャッシングを利用し、さらに自動融資機能にも申し込んでいるとしましょう。

そしてネットキャッシングの返済を、引き落としに設定している場合。

しかし、ネットキャッシングの返済で残高不足が起きている場合は、その時点で追加融資が出来ない状態となり、自動融資が出来なくなります。

引き落としの回数に注意

全ての引き落としを1つの口座でまとめている場合、月に何度か引き落とし請求が来ることもあると思います。

毎月26日にクレジットカードや光熱費、月末に携帯電話やネット代などの引き落としといったケースですね。

この状態でどちらの引き落とし請求が来た時も、残高不足の状態だと、2回自動融資が行われてしまいます。

貸付額に注意

引き落とし請求で来たのが3万円だったのに対し、口座の中に入っているのが2万9,000円だけだった場合、不足しているのは1,000円だけです。

しかしキャッシングの種類によっては、最低貸付額が1万円に設定されているところもあります。

そうすると、貸して欲しいのは1,000円だけなのに、自動的に1万円借りることになってしまいます。

9,000円分の余分な借金をする羽目になる恐れがありますので、自動融資に申し込む際は、最低貸付額がいくらなのか確認しましょう。

(ネットキャッシングの時は1万円から、自動融資は1,000円からと個別設定されている場合もあります)。

上限額に注意

自動融資があるから大丈夫と安心し切ることも出来ません。

限度額30万円のキャッシングを利用していて、27万円まですでに枠を使ってしまっている時に、4万円不足していると、限度額を超えてしまうため自動融資は行われません。

上手に活用するために

これまで見てきたように、自動融資には利便性も危険性もあります。

元から絶対に残高不足など起きないように注意しておければいいですが、予想外の出費が重なったり、どうしても失念してしまうことも起きます。

そんなたまに起きるウッカリをカバーしてくれるだけなら、とても便利なサービスです。

しかし、それに頼り切ってしまうと、不要な借金を背負ったり、いつの間にか借金まみれになっていたなんて事態に陥り兼ねません。

そこで、最後に上手な付き合い方をご紹介して、この記事を締めさせていただきたいと思います。

定期的に融資額と、発生している利息額を確認する

基本中の基本ですが、やはり「定期的な借り入れ状況のチェック」に勝る、上手な付き合い方はありません。

自動融資の怖い部分は、「もう自動的にフォローして貰えるから、前ほど口座残高を気にしなくてもいいや」と意識が薄れてしまうことにあります。

あくまで「たまに起きるウッカリ」をカバーしてくれるだけのもので、あなたの生活そのものをフォローするようなものではないと意識し続けてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

旦那さんに内緒でお金を借りるならネットキャッシングはNG

内緒のポーズを取る女性

このサイトはネットキャッシングを紹介するサイトですが、しかしどう考えても、奥さんが旦那さんに内緒でお金を借りるなら、ネットキャッシングは避けた方が身のためです。

ここではなぜネットキャッシングがオススメ出来ないのかと、旦那さんにの目を逃れて見事キャッシングの申し込みを済ませる方法と、返済中も借金の存在を隠し通すヒントをご紹介していきます。

旦那さんに内緒でお金を借りるならネットキャッシングはNGなワケ

ネットキャッシングがオススメ出来ない理由を一言で言うと、銀行口座に履歴が残るからです。

振り込んでもらう時も引き落としで返済する時も、「カリイレ」「ヘンサイ」と記帳したら出てしまいます。

見つけられたら一発で言い逃れ出来なくなってしまう証拠を量産してしまうのです。

主婦が出来るだけ証拠を残さないようにするならATMの利用がマスト

証拠が出来るだけ残らないという観点で考えると、ATMを利用するのが一番安全です。

「ATMなんて人目につくし、家のスマホで申し込めて、銀行口座に振り込んでくれるネットキャッシングの方が安心なんじゃ?」って思う人もいるかもしれません。

でも、「ネットキャッシングなら人目につかない」という気の緩みが一番怖いのです。

スマホのブラウザアプリでネットキャッシングを申し込んだ画面を残したままにしたり、アクセス履歴を消さないでいたり、届いたメールを残したままにしたり…。

「自分しか見ないから」と思ってしまうのが、最も危険です。

それなら、「人目についてもおかしくない場所で利用する」方法を考える方が建設的だと思います。

そのために紹介したいカードローンは、こちら!

イオン銀行カードローンBIG

イオン銀行カードローンBIGがオススメなワケ

イオン銀行のATMは、その名の通り、イオンの中なら基本的に設置されています。

もし普段からイオンに行く人なら、イオンの中にあるATMは、「人目にはつくが、人目についたところで問題がない場所」ですよね。

万が一、ご近所の奥さんに遭遇しても、普通の大きな銀行より手数料とかお得なんだと言っておけば問題ありません。

そして、世の中の男性は「イオン」と書かれた封筒が奥さん宛に届いているのを目にしても、「あのスーパーのクレジットカードを持ってるからだろう」「よく行くから何かのお知らせが来たんだろう」ぐらいにしか思わないそうです。

これがメガバンクや、奥さんに馴染みが無さそうな銀行だと「ん?UFJ?ウチが口座持ってるのみずほだけじゃなかったか?」とか「ん?オリックス銀行?何で妻宛に?」とか、疑問を抱かれてしまいます。

それを目にした時は、すぐさま「まさか借金してるのか!?」とは思わないでしょうけど、次に他の怪しいポイントを見つけた時に「そういえば何ヶ月か前にオリックスから封筒来てたな…まさか?」とすぐに記憶が結び付けられてしまいます。

しかし、イオンならあまり驚かないですし、印象にもあまり残らないでしょう。

そう、木を隠すのに適しているのは森の中、主婦を隠すのに適しているのはイオンなわけです!

秘密でキャッシングに申し込む方法

イオン銀行カードローンがオススメなのは、目立たないという理由だけではありません。

イオン銀行は、UFJやみずほみたいに昔からある都市銀行系ではなく、新しく出来た銀行の中で、唯一店頭申し込みが可能なんです。

店頭で申し込みしちゃえば、余計な書類が郵送されて来ることもないですし、また物的証拠を減らすチャンスです。

もちろん地元のイオンじゃ、顔見知りが働いてる可能性もあるので、出来ればちょっと遠くのイオンに行けると理想的ですが、無ければ致し方ないので、近所のイオンでもOKです。

もしイオン銀行の店頭にいる時に、知り合いに見つかったとしても、「住宅ローンの相談」とか「保険の相談」なども扱ってるので、そっちで話を聞きにきたとでも言っておきましょう。

怪しまれない小細工のために、保険のパンフレットとか1部もらっておいても良いかもしれませんね。

借金がバレないように返済し続けるために必要なこと

先程も言ったように借り入れするのも、返済するのもATMからが基本です。

この時大事なのは、不必要にキョロキョロしないことです。

ATMで、機械の前に立って、ちらっと後ろを気にする人はいても、四方八方を気にする人はあまりいません。

キョロキョロした時点で、「何か様子がおかしい人」と見られてしまいます。

堂々と普通に利用しましょう。

しまう場所はお財布か、カバンか

ここは、ご夫婦の関係性というかルールにもよるんですが、もしお互いの財布が、どちらももう共用の財布みたいになってしまっているご夫婦の場合は、財布にカードローンのカードをしまっておくのは大変危険です。

その場合、カバンの内ポケットなどに隠しておくが良いでしょう。

しかし、まだお子さんが小さい場合、お母さんのバッグは何かと危険です。

子供が何かをこぼして、咄嗟にタオルを取り出そうとした時にカードが落ちてしまったとか、お子さんがカバンをひっくり返した時に見つかってしまうなど、かなり危険です。

この場合はお財布の方が安全です。

カードの裏面が外から見えるように向けてから入れ、その上に病院の診察券など、日常であんまり出し入れしないものを重ねておくと安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

奥さんにバレたくない時にオススメのネットキャッシング

借金を家族に内緒でしたい、返済し終わるまで家族にバレないでいたい。

そんなあなたにオススメしたいネットキャッシングをご紹介していきます。

とはいえ、その「家族」が「両親」なのか、「配偶者」なのかでだいぶ話が変わってきます。

パソコンやインターネットに対するリテラシーの高さが、そのまま家族バレ防止へのハードルの高さに繋がります。

そこで、「誰を対象に、バレたくないのか」別に、全4回で連載していきたいと思います。

今回は、ハードルの高さエベレスト級の「奥さん」を攻略するためのヒントをお伝えします。

難易度★5つ:奥さんにバレたくない人へオススメのネットキャッシング

最高難易度に挑まなきゃいけないのは、やはり「奥さんに隠し事をする」という超ハードゲームをやらなきゃいけない男性の皆様。

何が一番怖いかと言うと、「奥さんに隠し通せたまま完済出来た」と思っている人の大半が、「実はバレてた」ということに気付かないでいることです。

世の奥様は借金していることに気づいても、あえて知らんぷりしていることも少なくありません。

なぜなら、ネットキャッシングやカードローンで1~50万円以内の少額の借金をしているだけでは、「離婚しても仕方ない理由」とするには弱いからです。

「奥さんの家計のやりくりが下手だから、借金する羽目になった」と言われたら、よっぽどキッチリ家計簿つけている人じゃない限り「有り得ない!」と反論することは難しいでしょう。

だったら、泳がせておいて、好きにお金使わせておいて、もっと強い証拠をつかもうとするのが女性という生き物です。

カードも利用明細も発行されないことがマスト

強い疑いを持っている女性なら、「浪費しているのは旦那の方だ」という証拠を集めるため、あなたがお風呂に入ってる好きに、お財布の中のレシートを写真で撮っておくぐらいは余裕でするでしょう。

アマ●ンで指紋採取キットが売ってる時代ですから、スマホのパスコードの割り出しだってそう難しくないはず。

探偵モードに入った奥さんには「プライバシー」なんて概念は残っていないと思ってください。

よって、ローン専用カードが発行されるような所や、利用明細が郵送されてくるような所は、絶対にNGです。

その観点で行くと、限度額が最高でも50万円までで、口座開設が必須ですが、セブン銀行カードローンはオススメです。

セブン銀行カードローン

口座開設さえしてしまえば、キャッシュカードだけでATMでの借入もネットキャッシングも可能です。

もちろん利用明細が郵送されてくる事もありません。

セブン銀行カードローンのキャッシュカードの送付方法に要注意!

それだけではなく、在籍確認電話もないので、職場バレも防げるのが嬉しいところ。

セブン銀行カードローンの場合、口座開設後にキャッシュカード等が送られて来る場合、「本人限定受取郵便(特定事項伝達型)」というちょっと特殊な郵送方法で送られて来ます。

まず、普通の郵便のように何の知らせもなくポストに投函されることはありません。

特定事項伝達型の場合、こちらから郵便局に出向き、免許証などの本人確認書類を提示する必要があります。

(※自分から郵便局に連絡すれば、自宅に届けてもらうことも可能ですが、その場合でも本人確認書類の提示は必須です)

問答無用で自宅のポストに投函されるよりは、いくらか対処がしやすいと思いますが、ちょっと心配なのは、本人限定受取郵便が来ていることの通知方法です。

本人限定受取郵便は吉と出るか凶と出るか

本人限定受取郵便のイメージ図

いきなりセブン銀行とデカデカかかれた封筒が届くわけではないのですが、割と物々しい文字が書かれた封筒が届きます(封筒のデザインは郵便局によって異なります)。

筆者がもし探偵モードの奥様なら、まず間違いなく封筒を開けてしまうと思います。

もちろん中を見られたとしても、即座に借金しようとしてることはバレないですが、「差出人:セブン銀行」と明記されているので、「何で銀行からこんな手紙が来るの?」と怪しむこと間違いなしです。

やっぱり最強なのはメガバンク系のカードローン?

恐らく日本国内で働いてらっしゃる方の大半は、みずほ、三井住友、UFJのいずれかの口座を持っていることと思います。

その銀行のカードローンを使えば、新たに口座開設しなくて済むので、リスクも手間も減りますね。

しかし、注意点がいくつか。

三井住友もみずほもキャッシュカードがそのままローン用カードとしても使えますが、その変わり、記帳した時に返済で引き落とされた分が「カードローン ヘンサイ」と思いっきり書かれてしまうというデメリットがあります。

もし奥さんが定期的に記帳するタイプなら、高確率でバレてしまうでしょう。

UFJは口座の有無に問わずローン用カードが必要。

都市銀行の中でももっとも利用してはいけないのは、りそな銀行。

りそな銀行カードローンは月々の利用明細が自宅に郵送されて来てしまうので、絶対に利用しないでください。

結論

個人的に最もバレにくい方法は、セブン銀行口座を作っておき、しばらくは普通に銀行として利用し、監視の目が緩まった頃にカードローンとして利用することだと思います。

口座を作る理由は適当に、夕方すぎてもATM手数料取られないからなど適当なこと言っておきましょう。

その際、パスワードを変更することもお忘れなく。

間違っても誕生日とか、自分の名前の語呂合わせとか、奥さんが容易に想像ついてしまうものはやめましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ネットキャッシング使うならセキュリティ対策にも注目せよ!

スマホにセキュリティ対策するイメージ

銀行だから、大きな会社だからネットキャッシングしても安心。

そんなのん気なこと言ってられる時代ではありません。

銀行だからこそ、大きな会社だからこそ、「その技術をもっと普通のことに使えば…」と思うような凄腕のクラッカーたちに狙われやすいのも事実。

そこで、今回はセキュリティ対策に注目して、ネットキャッシングを安全かつ便利に使うためのチェック項目をお教えします。

基本中の基本!ワンタイムパスワードは標準装備されているかチェック

ネットキャッシングに限らずインターネットバンキングなど、お金をインターネット上で扱うのであれば、絶対に外せないのがこれ!

ワンタイムパスワード。

1回使ったらもう使えなくなる、その名の通り「一時的パスワード」、使い捨てのパスワードです。

ログイン時に利用する所もあれば、振込を実行する前に利用する所もあります。

パスワードの発行には、乱数表方式、メール方式、トークン方式などがあり、この中でも便利で一番安全なのがトークン方式です。

トークンが標準装備されているところ

三井住友銀行

三井住友銀行でネットキャッシングを利用する場合、オンラインバンキングを利用する必要があります。

このオンラインバンキングに申し込むと自動的にワンタイムパスカード(別名:セキュリティトークン、トークン)がついてきます。

三井住友銀行のワンタイムパスワードカード

100均で売ってる電卓より薄く小さいくらいの大きさです。

とはいえ持ち歩くのにはちょっと邪魔くさいですよね。

出先でも使えるように専用アプリもありますので、「あ!あの支払い今日までだった!」なんてことがよくある人にはオススメです。

三井住友銀行カードローン

ジャパンネット銀行

トークンというものを、一般的な存在にしたのはここなのではと思うほどのパイオニア的存在!

ジャパンネット銀行のトークン

家のカギを一回り大きくして、4枚くらい重ねたぐらいの大きさです。

キーホルダーに付けられるように金具がついていますが、正直持ち歩くには邪魔。

ジャパンネット銀行は、トークン代わりに「認証パネルアプリ」もリリースしてますので、ダウンロードしておくと安心です。

ジャパンネット銀行ネットキャッシング

ソニー銀行


ソニー銀行のセキュリティ対策はかなり手厚いと思います。

ログインパスワードに加え、取引用パスワード、更にワンタイムパスワードの3つを入力するため、情報漏えいで狙われやすいログインパスワードがバレてしまっても大丈夫です。

ソニー銀行のトークン

大きさは小ぶりな消しゴムくらいで、今回紹介しているトークンの中では、恐らく一番小さいですね。

ただソニー銀行では、ワンタイムパスワード用のアプリがないのだけが残念。

ソニー銀行カードローン

トークンが標準装備されていないところ

みずほ銀行

みずほ銀行でオンラインバンキングの申し込みをすると、数字が羅列されている一枚のカードサイズの紙が届きます。

このカードの「右から2番目」や「左から4番目」など、画面で指示されている通りの数字を入力するという乱数表方式。

画面で指示される順番は毎回変わるので、ある意味ワンタイムパスワードと同じですが、何ともアナログな方式ですね。

もちろんみずほ銀行でもちゃんとカード型のトークンは作られているんですが、こちらは自分から申請しないと貰えないのです。

(しかも貰えるってことを、あまり分かりやすくはない場所でしか書いてないので、気付かない人が大半です)

住信SBIネット銀行

スマホアプリで「スマート認証」というアプリがありますが、トークンやワンタイムパスワードはありません。

アプリでそもそもログイン機能自体をロックしたり、解除したり出来るのは、ついつい無駄遣いしちゃう旦那さんや奥さんへの対策にもなります。

楽天銀行

楽天でもワンタイムパスワードはあるのですが、その発行方法がメールで通知されるというもの。

ボタン一つでOKなトークンと比べると、いちいちメールソフトを立ち上げて、コピペして…という方法は面倒くさいかもしれません。

ソフトウェアキーボードがある場合は積極的に活用しよう

ソニー銀行を始め、様々なオンラインバンキングで導入されている「ソフトウェアキーボード」。

ソニー銀行のソフトウェアキーボード

画面に表示されるボタンをマウスでクリックして、IDやパスワードを入力するものです

普通のキーボードを利用すると、入力履歴が残り、その履歴を盗もうとするウイルスにパスワードを取られてしまいます。

それを防ぐためにも、ソフトウェアキーボードが導入されていれば積極的に活用しましょう。

まとめ

今回はネットキャッシング・オンラインバンキングを利用する際のセキュリティ対策についてお話しました。

ネットキャッシングが怖いと思われる理由の1つは、ネットでお金のやり取りをするのは何だか怖いという漠然とした不安によるものだと思います。

今回紹介したアイテムを利用すれば、安心してネットキャッシングを利用できるはずです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ネットキャッシングとVISAデビットカードで即席クレカを作るメリットとデメリット

複数のクレジットカード

前回の記事で、ネットキャッシングとVISAデビットカードで即席クレジットカードを作る方法を紹介しました。

今回は、この方法のメリットとデメリットを把握していきましょう。

メリット

クレカのリボ払いより、ネットキャッシングの金利の方がお得なことも

消費者金融の金利では18%なので、クレジットカードのリボ払いより高くなってしまいますが、銀行カードローンなら13%台、14%台の金利のところもあります。

クレカのリボ払いの平均金利は15~16%なので、2%程度しか低くなりませんが、金利は低いに越したことはありません。

特に借りる額が増えがち、返済が長期化しがちなクレジットカード感覚での利用は、金利で結構な額を取られている人も少なくないのです。

たかが2%、されど2%。

ちなみに筆者オススメのソニー銀行カードローンは、13.8%です。

ソニー銀行カードローン

プリペイド型クレジットカードのような感覚で使う

ネットキャッシングというと「身持ち崩しそうで怖い」と思う人も多いのですが、クレジットカードの使い方が荒くて身持ち崩す人も相当数います。

何でクレジットカードで身持ち崩すかというと、限度額に達しない限り歯止めが効かないからです。

その点、ネットキャッシング+VISAデビットカードは、プリペイド型クレジットカードのようなものなので、使うまでに一手間かかります。

クレジットカードより金銭感覚が狂いにくい

お財布からカードを出したら、いつでも即会計出来るわけではない。

これは一見デメリットに見えますが、意外とメリットでもあるのです。

例えば洋服や家電など、店員さんの話に乗せられて、つい衝動買いしてしまったことはありませんか?

そんな時クレジットカードならほぼ高確率でそのままお会計出来てしまいます。

しかし、ネットキャッシング+VISAデビットカードの組み合わせだと、「あれ?そういえば残高いくらだっけ?」と一瞬不安がよぎるはず。

この不安が、衝動買いにストップを掛けてくれるんです。

お店で店員さんを上手くあしらえない筆者は、この一瞬の不安に何度助けられたでしょう。

「もし、残高不足でカードが使えなかったらはずかしい」。そんな思いが、「すみません、やっぱり大丈夫です。」という勇気をくれます。

衝動買いの回数が減れば、金銭感覚も狂いにくくなります。

信販会社より審査が緩いことも

ネットキャッシング+VISAデビットカードのコンビの大きなメリットは、「信販会社より審査が緩い可能性高い」ということです。

消費者金融は言わずもがなですが、今カードローン各社は新規顧客獲得に必死です。

特に銀行カードローン。

数年以内に銀行カードローンに対する規制が強化されると見られ、今より新規顧客獲得に苦しめられる未来が予見されています。

(その様を消費者金融各社が見せていますしね)

「今のうちに」と思ってるのは、銀行側も同じかもしれません。

クレカより限度額高めで設定してもらえることもある

クレカの一般的な初期限度額は正社員の方なら30万から50万円(勤続年数や年収によって異なります)。

50万はともかく30万はキャッシング界隈では割と少なめの額です。

キャッシングなら初回から限度額100万円前後まで出ることも珍しくありません。

クレカの審査に落ちたのに、ネットキャッシングに申し込んだら80万まで限度額設定されて驚いたなんてこともよくありますよ。

デメリット

利用前に手間がかかる

先程メリットの中でもお話しましたが、ネットキャッシング+VISAデビットカードは、プリペイド式みたいなものです。

予め銀行の中に入っている分しか使えません。

3万円のものをクレカ決済したくても、口座に2万円しか入っていなければ、1万円ネットキャッシングしないといけないのです。

この一手間が煩わしいと感じる人も少なくありません。

金利が発生することは忘れないで!

じゃあクレジットカードと同じように50万円ぐらい一気に借りて、常に口座の中にはお金がある状態にしておけば良いのでは。

そんなこと考える人もいるかもしれませんが、50万円も一気に借りてチマチマ返していたら、金利が物凄いことになりますよ。

(すぐボーナスが出て一括返済出来るのなら、良い方法かもしれませんが)

たまにメンテナンスに引っかかる

ほんの5分10分なのですが、ネットキャッシング側のWEBシステムメンテナンスのために使えない時間があります。

この間には新規借入や返済が行なえませんが、VISAデビットカード用口座に入っている額の分なら問題なく使えます。

メンテナンスもだいたい深夜の0時とか1時とかなので、滅多に困ることはないと思いますが、念のため頭の片隅に置いておくといいでしょう。

WEBシステムによってはVISAデビットカードが使えない

これはネットキャッシングのデメリットというより、VISAデビットカードのデメリットなのですが、まだ登場して日が浅いため、ネット決済のシステムによっては使えないこともあります。

筆者が体験した限り、アマゾン・楽天などの大手ECサイトはすでに対応していました。

中小企業や個人経営系サービスのクレカ決済だと対応していない可能性があります。

ネット銀行だと、現金振込でも月に1~2回までは振込手数料無料で利用出来るところが多いので、特に大きく損するケースは考えられませんが、「使えないサービスもまだまだある」ということをお忘れなく。

まとめ

ネットキャッシングとVISAデビットカードのコンビは、完璧な存在ではありません。

あくまでクレジットカードの代用品という位置づけだと思います。

それでも、クレジットカードの審査に通らず、作れない人にとっては十分役立ちます!

使ってみると「代用品よりもうちょっと良い物かも」と思えて来るはずです。

クレジットカードがないと何かと不便ですし、一枚も持ってないというだけで社会的信用まで疑われてしまう世の中ですから、是非検討してみてくださいね!

前回の記事はこちら。

ネットキャッシングとVISAデビットカードで即席クレジットカードを作れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る