ネットキャッシングとVISAデビットカードで即席クレジットカードを作れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
パソコンとカード

クレジットカードが作れない、審査に落ちてしまう。

そんなあなたの救世主!

ネットキャッシングとVISAデビットカードを組み合わせると、即席クレジットカードになるんです!

クレジットカードを作れない人には特にオススメですが、筆者個人的には、クレジットカードでリボ払いをバカスカ利用しちゃう人にもオススメしたい裏ワザです。

ネットキャッシングとVISAデビットカードのコンビがクレジットカード代わりになるワケ

そもそもVISAデビットカードとは、「口座の中に入っているお金分しか使えない」という制限がついたクレジットカードのようなもの。

つまり、口座の中にすぐお金を振り込んでくれるネットキャッシングとタッグを組むと、口座の残高が足りない時でも支払いができちゃいます。

VISAデビットカードはお店でもネットでも、VISA加盟店ならどこでも使えます。

日本国内でVISAカードが使えない所はかなり少ないので(そもそもクレジットカードが使えないお店は除く)、ほぼほぼ使えると思ってOK。

借金じゃんと思ったあなた!クレジットカードもほぼ同じ仕組みですよ

ネットキャッシングでお金を借りて、VISAデビットカードの口座へ振り込ませ、クレジットカード代わりにする。

こう言うと「キャッシング」という言葉に拒否反応を示し、「借金じゃん!」と毛嫌いされる方がいます。

しかし、クレジットカードもキャッシングも、未来の自分からの借金に変わりません。

むしろ「クレジットカード」というキレイな言葉でコーティングされていない分、理性が働きやすくなり、使いすぎ防止に繋がりやすいと筆者は思います。

どうやれば良いのか?申し込み方法と利用方法

では、実際にどう申し込み、使っていけばいいのかご紹介していきます。

条件は土日や深夜も24時間瞬間振込みしてくれる所

まず絶対に外せないのが、土日・深夜でも数十秒で振り込んでくれること。

これが大前提です。これがないと始まりません。

「ネットキャッシングって言うぐらいなんだから、どこでもそうなんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、むしろ出来ない所の方が多いのです。

そこで、筆者が探した中で見つけたオススメの会社をご紹介します。

VISAデビットカードとコンビ組ませるのにオススメのネットキャッシング

ジャパンネット銀行カードローン

ジャパンネット銀行が一番のオススメです!

その理由は「全てのカードが1枚で済む」ということ。

【ジャパンネット銀行のネットキャッシングについての解説はこちら→ジャパンネット銀行ネットキャッシング

銀行によっては、銀行のキャッシュカード、VISAデビットカード、ローン用カードの3枚発行しないといけない所も。

それが1枚で済むと返済したい時やATMで現金を引き出したい時に「あっ!あっちのカード持ってきてないや!」となることもありません。

もちろん土日・深夜でも10秒ほどで振り込まれます。

デメリットは、銀行カードローンなのに消費者金融と同じような金利であること。

リボ払いの金利より2~3%以上高くなってしまうのは痛いデメリットです。

利便性重視の方にはジャパンネット銀行がオススメですが、金利重視なら下のソニー銀行カードローンがオススメです。

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローンとSONY BANK WALLET(ソニー銀行のVISAデビットカードの商品名)の組み合わせが2番目にオススメ。

なぜ2番目かというと、カードローン用カードとVISAデビットカードの2枚発行されてしまうことですね。

【ソニー銀行カードローンについての解説はこちら→ソニー銀行カードローン

ネットキャッシングを重点的に利用する場合、カードローン用カードは持ち歩く必要ないですし、返済だけならVISAデビットカードで出来ます。

しかし、ネットキャッシングだけでなくATMから現金でも借入したい場合には、ローン用カードも持ち歩く必要があります。

また、使わないから家に放置する場合、もしご家族と同居しているとちょっと怖いですよね。

その代わり、ジャパンネット銀行や消費者金融やリボ払いより、金利が2%前後低くなるという大きなメリットがあります。

金利なんて払っても何の得もありませんから、1円でも少ないに越したことはありません。

金利重視なら間違いなくソニー銀行カードローンとSONY BANK WALLETのコンビがオススメ!

でも、クレジットカードの審査に落ちてしまって、作れなくて困ってる人には「銀行の審査なんてハードル高い…」と尻込みしてしまうかも。

そんなあなたには、プロミスと三井住友銀行の組み合わせがピッタリです。

プロミス+三井住友銀行

プロミスの「瞬フリ」は、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、24時間・土日問わず振込してくれます。

プロミスは消費者金融業界第2位の審査通過率なので、クレカの審査に落ちてしまった人でも、審査に通る可能性があります。

【プロミスのネットキャッシング・瞬フリについてはこちらで解説→プロミス

さらに、もしあなたがすでに三井住友銀行の口座を持ってるならラッキー!

VISAデビットカードの新規申し込みがとっても楽です。

メガバンクである三井住友銀行ならATMの数も多く、利便性も高いですし、プロミスは利用方法次第ではローンカードを発行しなくて良いので、VISAデビットカード1枚持ち歩けばOK!

デメリットは、やはり年利18%という金利。

この組み合わせは、審査の通りやすさ重視の方向けです。

この記事のまとめ

  • ネットキャッシングとVISAデビットカードのコンビでクレカ代わりになる
  • 利便性重視ならジャパンネット銀行
  • 金利重視ならソニー銀行
  • 審査の通りやすさならプロミス+三井住友銀行

今回は、「こんな使い方もありますよ!」というお知らせと、オススメの組み合わせだけのご紹介になりました。

次の記事では、この使い方のメリットとデメリットを解説します。

ネットキャッシングとVISAデビットカードで即席クレカを作るメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。