クレジットカードのキャッシングとカードローンならどちらがお得?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
比較する女性

18歳以上の人なら大半の人が持っているクレジットカード。とても身近な存在で、利用しやすいですが、クレジットカードのキャッシングは、カードローンよりも割高になってしまい、より多くの利息を払うことになるのをご存知でしょうか?

ここでは、クレジットカードのキャッシングと、カードローンのそれぞれのメリットとデメリットを考察し、どちらが、どんな人にオススメなのかも考えていきます。

クレジットカードのキャッシングのメリットとデメリット

ではまずはクレジットカードのキャッシングから見ていきましょう。

メリット:お手軽さと、バレにくさ

メリットは、やはり、ほとんどのクレジットカードが、特に申し込みなどしなくても最初からキャッシング枠もついていることです。

突発的に現金が必要になった場合など、その辺のコンビニATMでお金を借りられるお手軽さは素晴らしいです(提携しているATMはクレジットカード各社によって異なり、キャッシングが出来るATMは限られていることもありますので、ご注意ください)。

また、返済はお買い物枠分と一緒に引き落とされますので、家族にバレにくいといったメリットもクレジットカードならではですね。

ネットキャッシング出来るクレジットカード

銀行口座に現金を振り込んでくれる、ネットキャッシングに対応しているクレジットカードもいくつか存在しています。

エポスカードと、楽天カードがそれに該当します。

光熱費や携帯代などの引き落としに、銀行口座の残高が足りない時など、直接口座に振り込んでくれるサービスはありがたいですよね。だいたい申し込みは24時間受け付けているので、家で思い出してもすぐに手続き出来ます。

デメリット:金利が高い、説明してくれる人がいない

クレジットカードのキャッシングはほとんどが年利18%に設定されています。これは消費者金融と同等かそれ以上です。

そして、何が一番怖いかというと、クレジットカードを作る時にわざわざそんなこと説明されないケースが多いということです。

今、クレジットカードを持っている人の何パーセントの人が、自分の持っているクレジットカードのキャッシング年利を知っているでしょうか?それどころか、「年利って何?」「キャッシング機能なんてついてたの?」という状態の人も少ないないでしょう。

もちろん公式サイト等を見れば、詳しい説明が記載されていますが、わざわざ自発的にそんなところを読む人なんて少数派だと思います。

本当は一番知っておくべき金利と返済のことを、説明されずに使うことになる怖さは、デメリットと言えましょう。

カードローンのメリットとデメリット

では次に、カードローンのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット:金利が低い、説明して貰える

カードローンには、クレジットカードのキャッシングと比べると、金利が低いところが多く、またその中から自分で選ぶことが出来るというメリットがあります。

特に銀行カードローンは、クレジットカードのキャッシングより4%以上金利が低くなるところもあるので、これは非常に大きなメリットですね。

新規申し込みをしないといけない手間はかかりますが、その際にほとんどの金融業者がきちんと金利と返済に関する説明をしてくれます。さらに質問をすれば、いくらでも教えてくれます。

金利説明を怠ると、利用者が返済出来なくなって弁護士に泣きついた時、説明責務を怠ったとして、債権回収がしにくくなってしまうので、カードローンを発行している銀行や消費者金融側としても、キッチリ説明させて欲しいのです。

デメリット:印象の悪さと、敷居の高さ

カードローンのデメリットとしては、クレジットカードよりも印象が悪いという点ですね。

クレジットカードで3万円キャッシングしたと言われるより、消費者金融から3万円借りたと言われる方がビックリしてしまう人は多いのです。

銀行カードローンでも、やはりどうしてもクレジットカードより「THE・借金」感が強くなってしまい、バレた時の印象は悪くなってしまいます。

さらに、その「THE・借金」感によって敷居が高く感じられ、使いにくいというのもデメリットです。

借金が良いことだとは言いませんが、本当に困った時、変に追い詰められてしまうぐらいだったら、使えるサービスは使っても問題はないと思います。

それがイメージの低さによって敷居が高くなり、手軽だからという理由でクレジットカードのキャッシングの方へと人が流れてしまうのは、非常に残念ですね。

どちらが、どんな人にオススメか?

本当に1回だけ10万円未満のお金を借りるのであれば、クレジットカードのキャッシングを利用するのも手だと思います。

10万円未満ぐらいの借金なら、年利が18%でも14%でもそんなに大差は生まれないからです。

利息がちょっと多くなるくらいなら、手軽さと、印象の良さを取ってクレジットカードのキャッシングを選ぶというのもアリでしょう。

しかし、1回だけじゃ済まないのであれば。もしくは金額が10万円以上になるのであれば、カードローンをオススメします。

金利が低いというのも大事なポイントですが、利息や返済についての説明がしっかりしていることと、カードローンの方が「後ろめたく感じる」というのも、裏を返せば使いすぎを防ぐメリットになります。

大金が手に入ると、気が大きくなって無駄遣いしてしまいそうな人など、ご自身の金銭管理や、理性の強さに自信がない人にはクレジットカードのキャッシングはオススメしません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。